読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合気道を始めたにゃん♪-aikido-

お稽古メモを中心に合気道と武道の思ったことなど、女性目線の合気道はてなブログ

受け身の構えの重要度

忘れてた構えの姿勢を軌道修正してもらった。

 

相手は背が高かろうが低かろうが体型が様々でも打ってくる位置は決まっている。

 

正面打ちの場合ならおでこしか狙ってこない。

 

だから相手の事は関係なく、自分が構えの形を定めて構えさえしっかりしていれば崩されることはない。

 

構えがいつも同じポジションになれば、体捌きも自然にできるようになる。だって手の位置は上下以外動かないから。

 

確かに‼️

 

そして肘が肩より上に上がるのは本来おかしい。

肩のラインより肘が上がったら簡単に崩されてしまう。

 

確かに‼️

 

つまり、腕の動きってあまりない事になる。

だって上下運動でしかも肩より上に肘が上がることはないから。

 

連続打ち込みを受けて、久しぶりに手首にアザができた。

 

稽古の日が待ち遠しい。