読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合気道を始めたにゃん♪-aikido-

お稽古メモを中心に合気道と武道の思ったことなど、女性目線の合気道はてなブログ

腕に力を入れないのに腕を持ち上げる最適な例えイメージ

この前ある師範が凄く解りやすい説明をしてくれたのでメモ。
 
腕はホースで、ホースから勢いのあるお水が出たらホース上に持ち上がるでしょ?

ホース自体に力があるわけじゃなくて、水圧でホースが持ち上がるでしょ。

腕も同じだよ。

腕もホースだと思って、腕自体に力を入れるんじゃなくて、腕から気が通って気が出ることで腕に自然と上がるんだよ。

重力、引力も使うんだよ。
 
 
そんな風な例え話をしてくれた。
 
これってニュートリノに質量があったのを発見して今回ノーベル賞もらった話に通じるよね!?
 
量子に質量があるなら、身体を通過できるニュートリノを意識で体内を移動させたり重さをコントロールできるって事になるでしょ?
 
このイメージで呼吸投げすると凄いやり易くなって、めちゃくちゃ感動!!
 
しかも、このイメージ法なら腕が横に動くのを防げる。
 
だって、ホースはホース自体は力を持たないから、ホースは左右には動かない。水圧で上下に動くだけ。引力のちからで。
 
それを腕に置き換えたら、やっぱり腕が左右に動くのはありえないってことになる。
 
腕を左右に移動させたいなら腰を使うしかない!
 
またより稽古が楽しくなってきた。
 
やっぱ合気道は凄い!!