読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合気道を始めたにゃん♪-aikido-

お稽古メモを中心に合気道と武道の思ったことなど、女性目線の合気道はてなブログ

2014/11/25 手をピンと突っ張った人の場合の片手取り一教コツ

昨日から胃がむかむか吐き気。
昨日は関節も痛みがあったから風邪モード?
 
今日は本調子ではないけど関節の痛みは消えたしご飯も食べることできたからお稽古行った。パンシロン飲んで。
 
今日は師範不在で自主稽古。
しばらく普通にできたけど、受け身をしてるうちにまた胃がモヤモヤ気持ち悪くなってきて、所々休憩しながら稽古した。パンシロンも受け身には敵わなかった。
 
 
今日は新人さんとの稽古で片手取り一教をやった。
 
腕をピンと伸ばしたままだから、一緒にみてくれた先輩が一言、「腕を伸ばした状態はもう崩れてるも同然だし技かけられたら危ないよ」と言ってたのに、焦っちゃって意味が理解できてないのか、ずっと曲げないままなので、先輩にそういう曲げない場合のコツを教えてもらいながら、そのまま技をかけた。
 
その時のコツは、まずは当身をしない。
 
何故かというと、当身をする事でさらに反射を生ませてしまうことになるから。
 
相手の腕が突っ張っているので手首も簡単に回る。二の腕を手刀で真下に下ろしたら簡単に倒れてくれた。
 
 
試しに手をピンと伸ばしたまま自分が受け身をやってみたら、危ない危ない!もっと強くやられたらポキって腕が折れちゃうよ。
 
腕のタワミがとても大事だと認識した日になった。